リケジョ主婦のニチジョー

理系技術職アラサーが産休中の日々の出来事をつづります。

出産しましたレポ

39w0dにて、無事に男の子を出産しました!

当日の様子を以下に記録として纏めておきます。

 

4:30〜5:30 陣痛開始

生理痛の重たい感じがして目が覚める。

2日前からおしるしがあったので「いよいよか…」と思う。

この時点ではまだ眠気の方が勝つ程度の痛みだったが、夢うつつに陣痛間隔を測り始めると既に5分間隔であることが判明。

念のため1時間計測しても間隔は変わらなかったので、病院に電話。すぐ来るように言われる。


6:00〜7:00 入院

モニター後、内診。子宮口が5〜6cm開いていることがわかり、このまま入院決定。

正直、あまりにも順調なのでこの時はもしかして午前中に生まれるかな?なんて甘い考えを持っていた。


7:00~10:30 開口期

一旦病室へ移動し、しっかり朝食をとる。

陣痛間隔が縮まるのを待つが、当初の5分から一向に短くならず、院内を散歩するように言われ夫と歩く。

歩いた後は2,3分間隔になり、痛みも段々と増し、何かを掴んでいないといられないくらいに。

痛みが強まるか破水したらナースコール、と言われていたが、この「強まる」のレベルがよくわからなかったため、破水までひたすら耐えようと頑張る。

疲労と眠気で、陣痛と陣痛の合間はひたすら気絶。

夫に話しかける余裕も何かを頼む余裕もなく、気づくと夫も眠気で気絶していた。笑

週末だからって夜更かしして、あまり寝てなかったからね…


10:30〜11:30 陣痛室へ

結局痛みに耐えきれずナースコール。

子宮口は9cmまで開いていたが、破水せず。

陣痛室へ移動し、痛みを逃しながら全開まで頑張ることに。

この時から、お尻の奥から何か突き上げてくるような、いきみたい感じの痛みがたまに現れる。


11:30〜13:30 子宮口全開、破水

全開になったので分娩室へ。

立会い希望ではないので夫とはここで別れる。

分娩室まで来ればもう少しだと思っていたが、これが全くの勘違いであったことを後に思い知る…。

 

助産師さんからいきみOKの指示が出る。

「次から痛くなったらいきんでみようか」

「いきみ方がわかりません…」

「ここ(と言いながら肛門をぐっと押す)に力を入れるのよ!便秘のとき硬い●出す感じで!」

「えっ…本当に●出ちゃいそう」

「出ていいのよ。むしろ赤ちゃんの通り道の邪魔になるから出して」

妊婦の皆様安心して下さい、出ていいそうです。

 

数回いきんだところでバツン!という音と共に破水。

しかしナースコールが手に届くところになく、助産師を呼ぶことができない。「すみませーん」となけなしの声を絞り出すものの応答なし。

 

「どうしました?大丈夫ですか?」

隣の分娩台で既に産後ケアに入っていたご夫婦に、カーテン越しに話しかけられる。

「破水しちゃって…ナースコールが手元になくて」

「あ、じゃあ私が代わりに押します」

助かりました。

 

その後も懸命にいきむもののなかなか頭が下がってこず、陣痛が弱まってきて、間隔も5分に逆戻りしてしまった。

助産師さんがおっぱいマッサージなどをして刺激を与えてくれるが改善しない。しかし断続的な痛み自体は続いているので、体力が限界に近づく。


13:30〜14:30 促進剤使用

全開になってから2時間が経過するも状況が進展しないため、微弱陣痛と判断され促進剤を打つことに。

何でもいいから一刻も早くこの痛みから解放されたかった私、ヘロヘロの字で書類にサインをする。


14:30〜 突然の立会い

促進剤の効果か陣痛が再び強くなり、間隔も1分程度に。

骨盤が砕けそうに痛くてゾクゾク寒気がした。

助産師さんが指を中に入れて出口を広げつつ、力を入れる場所を誘導してくれたおかげで、比較的スムーズにいきむことができた。

 

途中、2回ほど茶色の胃液を吐く。(血や潰瘍があると茶色くなるらしい。一時的に過度なストレスがかかったせいかも?と言われ後に胃薬を処方された)

 

少しでも胎児の進行スペースを空けるため導尿。


先生が15時半までには生まれるね!と言って、看護師さんに夫に伝えに行かせたところ、何の手違いか分娩室まで連れてきた。笑

先生「この人立会いじゃないよ!」

私「もう、何でもいいです。このままで…」

急遽、立会いが決定。


いきむたび先生に「1mmずつ出てきてるよ!」と励まされたが、正直「1mmだけかよ!もう無理!もっと早く!」としか思えなかった。


15:13 誕生

身長48cm、体重3116g。

エコーでは推定2700くらいだったのに、立派な3000g超え。

頭が全て出たあと、肩から下が何の抵抗もなくにゅるっと出てくる感覚はクセになりそうだった。あの瞬間だけなら何回体験してもいい。笑

もっと感動するものかと思ったが、達成感と疲労感の方が強く涙の一滴も浮かばなかった。

 

会陰は自然に裂けたが軽傷とのこと。麻酔をして細かく縫ってもらう。

 

15:30〜17:30 経過観察

後処理が終わると、そのまま分娩台で2時間経過観察。

全身の悪寒が止まらない。熱を測ると37.9度あり、お産の疲労によるものと説明された。

 

途中トイレに行きたくなって助産師さんの力を借りるも、脳貧血を起こして立ち上がれず。止むを得ず再び導尿。

陣痛中は全く感じなかったカテーテル挿入の痛みに驚く。400ccという尿量にも驚く。


17:30〜 そして病室へ

やはり立ち上がれなかったため車椅子で病室へ移動。

夕食をとるも、吐いた影響か喉やけを感じて1/3程度しか食べられず。

お昼を食べ損ねたせいで食欲だけはあったので、仕方なくあらかじめ買っておいたウィダーを流し込んで、就寝。

 

まとめ

子宮口の開きが順調だったので、スピード出産で終わるかな〜なんて期待をしていたのですが、甘かったです…。

陣痛開始からトータル11時間の戦いでした。

それでも初産の平均所要時間内には収まっているし、経過も問題ないので安産の部類なんですけどね。

 

突然立会いとなった夫ですが、結果としてはお産の苦しみ、生まれる瞬間を共有できて本当に良かったと思います。

(いきんでる時に●出ちゃったりだとか、あらぬ姿を見せたくない!と私が立会い拒否してた訳ですが、いざとなればそんなことを気にしている余裕などなかった。そういうものが見えないように夫の立ち位置も工夫してくれてたし)

本人も満足そうでした。

 

何はともあれ母子ともに健康で良かったです。

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 

Amazon.co.jpアソシエイト

にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村